「眩暈坂」の歌詞 陰陽座

2004/1/7 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
(この不思議ふしぎなことなど なにもない)

うつひかりりつけ 懊悩おうのうての業曝ごうざら
まわりだした意識いしきこえとおくらおりそこから (残念ざんねん観念かんねん幻想げんそう)

射干玉ぬばたまよるみだがみ まなじりおくまどいわかし
まわりだした意識いしきこえとおくらいおりそこから (残念ざんねん観念かんねん幻想げんそう)

(「さんうえにて まかりたりしおんな、)
(執心しゅうしんのものとなれり)
(のかたち、 こしよりしたにそみて、)
(こえ、をばれう、 をばれうと くともうしならはせり」)
にしだらだら だらだらと にしだらだら だらだらと
にしだらだら だらだらと にしだらだら だらだらと
にしだらだら だらだらと にしだらだら だらだらと
にしだらだら だらだらと 眩暈めまいざかつづいてゆく
「うふふ。あそびましょう」
(「朦朧もうろうけむ視界しかいなか少女しょうじょしろすねしゅまり)
(わたし耳元みみもとで、みだらに… わたしおそれた。わたしはしった。)
(ざわざわと漆黒しっこくやみを…)
(くるっているのは 少女しょうじょなのか あるいは このわたしであるのか」)

まわりだした意識いしきこえとおくらいおりそこから (残念ざんねん観念かんねん幻想げんそう)