「轆轤首」の歌詞 陰陽座

2016/11/30 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
辿たどいた 西海さいかいきわ
なだたま きらきら
不埒ふらちちぎりたる ひと
いさかかげ

つめられたら ぐに こぼれてしまう
うつ なればこそ
せて つなめて

おどせんだん めぐまわりて
前夫ひとばん
彼是あれこれ すべてを みずいで わたしうべな
千里眼せんりがん あらば せて わたしもと
くびばし むかえにゆめ

いたいた ひとそばりの ねこはべ
せんきとて くずりを
もどして ほか くは

もとめられたら ぐに 蹌踉よろけてしまう
ふみちの おんな だからこそ
らるるは 貴方あなたつみ

おどせんだん めぐまわりて
前夫ひとばん
彼是あれこれ すべてを みずいで わたしうべな
千里眼せんりがん あらば せて わたしもと
くびばし むかえにゆめ

間抜まぬづらした やさしい前夫おとこ
未練みれんのあらば かく 御出おい

おどせんだん いまなつかし
あたまひとうばん
彼此かれこれ すべてを みつして
わかったら はや
審美眼しんびがん あらば めて わたしこと
又候またぞろ あやまてど うばってげる ひと

草臥くたびれて びきる くび