1. ほおづえをつく女歌詞

「ほおづえをつく女」の歌詞

1996/10/23 リリース
作詞
伊勢正三
作曲
伊勢正三
文字サイズ
よみがな
hidden
きもせずにおとこった
おんな半年はんとしつづけた
薄暗うすぐら部屋へやでほおづえをついたまま
しあわせな日々ひびおもしていた

何故なぜすてられたのかもわからないまま
おんな半年はんとしつづけた

あたらしい季節きせつおんなえた
出会であいをもとめてまち
かみむねのボタンひとつはずして
化粧直けしょうなおしておんなまれわった

ちゃみながらほおづえをついたまま
おんなおとこさがしつづけた

おんなはそっと煙草たばこくわえた
おとこはすかさずをつけた
かげりあるおんなはとてもきれいにえる
おもわずだれでもをさしのべてみたくなる

灰皿はいざらなかふるえさしがまた
あたらしいほのおあがった

かぞえるもなくときながれた
きもせずにおとこった
れすぎたらしにおんなあまえすぎて
おとここころにまでほおづえをついてしまった

夜空よぞらほしがとてもうつくしいのは
ほんのすこしひかっているから