1. 歌詞検索UtaTen
  2. 北国列車歌詞

「北国列車」の歌詞

1994/11/5 リリース
作詞
伊勢正三
作曲
伊勢正三
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくがきみいかけてる
ゆめから目覚めざめたときは
汽車きしゃよるはしりつづけ
あさえきへついたところ

きみわすれるためながたび
たびわりにこのまちえらんだ

去年きょねん今頃いまごろ汽車きしゃにのり
二人ふたりたびした北国きたぐに
あのゆきしろさが何故なぜわすれられずに

ぼくのほかにあとすこしの
ひとおろしただけで
汽車きしゃはすぐにまだくら
あさえてった

おもいきり背伸せのびをした
薄暗うすぐらそら
きみ星座せいざがまだひかってる

きみまれたあのほし
こんなにきれいにかがやいて
きみらした東京とうきょうでは
たことなかったけれど

きみわすれるためながたび
たびわりにこのまちえらんだ

去年きょねん今頃いまごろ汽車きしゃにのり
二人ふたりたびした北国きたぐに
あのゆきしろさが何故なぜわすれられずに