1. 歌詞検索UtaTen
  2. 古都歌詞

「古都」の歌詞

1998/3/4 リリース
作詞
伊勢正三
作曲
大久保一久
文字サイズ
よみがな
hidden
わかれたひとには 京都きょうと似合にあうと
はじめてづいた 木屋町きやちょうどお
ふるみやこへの 出逢であいとはいつも
こうしてはじまるものでしょうか
いつか いつか こんなときがくるねと
きみきみとおそらつめて
つぶやくようにった

いつも にぎやかな 四条通しじょうどおりにも
かなしいをした ひとがいる
嵯峨野さがののあたりに しず夕陽ゆうひさえ
いそいでぼくからげてゆく
なにもかもが ぼくに 背中せなかけて
ぼくは ぼくは 一人ひとりとりのこされて
しまったようながする