1. 忘れゆく歴史歌詞

「忘れゆく歴史」の歌詞

1994/11/5 リリース
作詞
伊勢正三
作曲
伊勢正三
文字サイズ
よみがな
hidden
小雨こさめまどをたたく日曜日にちようびあさ
一人ひとりになったことを またおも
きみのいないあさ
こんなにもさみしいものですか
いつもきみ二人ふたりあさ
踏切ふみきりおとをかぞえながら
すこしずつ けていったのに

きみわすれるために まちてみたけれど
きみおも出会であってしまう
電車道でんしゃみち沿って
いてるらぬはないろ
あのきみ口紅くちべにおな
あわいオレンジいろしてる
けた きみ似合にあってた

あのから毎日まいにちのなにげない出来事できごと
きみわすれてゆく 歴史れきしひと
なつのにわかあめ
かわいたすなにしみこむように
あきはすぐにとおりすぎて
きみのいないこのふゆ
どこまで さむくなるのだろう