1. 歌詞検索UtaTen
  2. 通り雨歌詞

「通り雨」の歌詞

1994/11/5 リリース
作詞
伊勢正三
作曲
伊勢正三
文字サイズ
よみがな
hidden
とおぎたあめ
ほそかたらして
あの一人ひとりぼっちになろうとしている
さびしいのならわすれよう
ひとこころなんて
にぎやかなおまつりのひとごみのなか
浴衣ゆかたがけ ほそかた とおあめ

二年にねんぶりにたずねた
下町したまちのおまつりは
まるであのおなかおでむかえてくれたのに
ひさしぶりならわすれよう
なつかしさなんて
風車かざぐるまくるくるとおとをたてるよる
浴衣ゆかたがけ ながかみ とおあめ

しあわせすぎてこわいと
大吉だいきちやぶいてすてた
なにもかもがむかしかってはしってゆく
おもすらわすれよう
おもいでなんて
指切ゆびきりがほどけてはいけないはずなのに
カラカラと 石畳いしだたみ とおあめ

あか鼻緒はなおらして
上目使うわめづかいにわらった
かわいそうなくらいのちいさなむねもと
かなしいのならわすれよう
きみ笑顔えがおなんて
あつなみだあしもとにはじけてちた
ほほらす かなしみの とおあめ