1. 誰がために鐘は鳴る歌詞

「誰がために鐘は鳴る」の歌詞 NHKドラマ10「下流の宴」主題歌 高橋優

2011/6/29 リリース
作詞
高橋優
作曲
高橋優
文字サイズ
よみがな
hidden
まぬ鼓動こどうにその意味いみ見出みいだせないままに ぼくらは明日あす
幸福しあわせならそこらじゅうにあるよってだれかがうけど なげこえ今日きょうひびいてる

潔癖けっぺき社会しゃかいあやかって をとりうことはこばまれつづ
孤独こどくのホームになら人々ひとびとあいえてる

ずっとおもえがいたゆめつづきを ぼくらはいまあるいているんだ
混迷こんめい地平線ちへいせん希望きぼうはなくても 明日あすしんじながら

いつも気付きづかないフリをしながらだれ傷付きずつけて たようなきずけられる
幸福しあわせならいつかきっとるよってはなしをしたあと明日死あしたしんでもいいようながしてる

些細ささいなプライドをてたって きていけることに大差たいさないさ
孤独こどくえたときあいちてく

そっとべられた 木漏こものような 出会であいが暗闇くらやみらしているんだ
わかれたひとたちの ぬくもりさえも いまいきづきながら

みとめない」「わかえない」「うたがわなくちゃならない」そういうことにしばられて
がためにひびかね音色ねいろさえも わすれた人々ひとびとがまた途方とほうれている…

きっとまれたときから ぬそのまで がためにかねつづけてんだ
ぼくらはここにいる」「ここできてる」と いま左胸ひだりむね

ずっとおもえがいたゆめつづきを ぼくらはいまあるいているんだ
混迷こんめい地平線ちへいせん希望きぼうえがいて 明日あすしんじながら

その音色ねいろしんじながら