1. おみくじ歌詞

「おみくじ」の歌詞 高橋由美子

1996/8/7 リリース
作詞
山田菜都
作曲
山田菜都
文字サイズ
よみがな
hidden
なつかぜ夕暮ゆうぐれをけたら
えだじゅうにくおみくじのはなれた
十六じゅうろくばん 蝶々ちょうちょう浴衣ゆかた
むねせた むのがこわくて

あのふたり 境内けいだいすず
両手りょうてでガランガランとらし おいのりした
おさな無邪気むじゃきねがいごと
かなうはずなんてないのに

きみをずっとずっとずっと大好だいすきでいるよ
初恋はつこいは そう宝物たからものだから
ほこらしげにあのにぎって あいちかったきみ
さき大人おとなになった

夏祭なつまつりは あさっての土曜どよう
気軽きがるさそうなんてもう出来できないけど
もし偶然ぐうぜんえたらこえかけて すこしはなしてもいいよね?

きみをずっとずっとずっと大好だいすきでいるよ
きみつめたキモチ なくさない
あいしてる えない でも もっと大好だいすきになるよ
一生いっしょう きみだけがわたし太陽たいよう

茜色あかねいろそらにとけてくくらい いちばんたかえだ
ぎゅっとむすんで もうかえろう
なが影法師かげぼうし って.....