1. 目覚めの三月歌詞

「目覚めの三月」の歌詞 高野寛

1998/9/23 リリース
作詞
高野寛
作曲
高野寛
文字サイズ
よみがな
hidden
彼女かのじょうまでの三月さんがつは うつむき あきらめてばかりだった
これから吊橋つりばしわたるのに すくんでなにもできなくなった

つかれきってねむりながら ゆめなかまたもどって
おもいきりりる それをかえ

めれば きっとここにいる
なにもなかったように ここにいる

変革へんかく それはとてもまぐれ 突然とつぜんやってきて またえる
戸惑とまどい うろたえるばかりでは 彼女かのじょはなすのもままならない

いのりさえとどかなくて 言葉ことばさえひろえなくて
かおあらぼくる それをかえ

めれば きっとここにいる
なにもなかったように ここにいる いつだって

いのりさえとどかなくて 言葉ことばさえひろえなくて
かおあらぼくる それをかえ

めれば きっとここにいる
なにもなかったように ここにいる

めれば きっとっている
なにもかもが すべてっている だからまた