1. 歌詞検索UtaTen
  2. 鳥羽一郎
  3. 北斗船歌詞

「北斗船」の歌詞 鳥羽一郎

2005/1/26 リリース
作詞
星野哲郎
作曲
船村徹
文字サイズ
よみがな
hidden
みぞれまじりの しぶきをあたまから
びて噴火湾ふんかわん
うみれても かねばならぬ
今年ことし六十ろくじゅうの おふくろさんに
ハワイ旅行りょこうが させたくて

おき仕事しごとは あのにゃせられぬ
せりゃよめコに きてくれぬ
ねじり鉢巻はちまはずしたあと
くしでならして さけむときは
みぎひだりこいがたき

派手はでにとびうろこはなにみて
なみ谷間たにま花見酒はなみざけ
きた漁師りょうしも たそがれどきは
がらわない 人恋ひとこいしさが
ゴムの軍手ぐんてを つきける