1. Winter Shadow歌詞

「Winter Shadow」の歌詞 鶴久政治

1989/2/8 リリース
作詞
売野雅勇
作曲
鶴久政治
文字サイズ
よみがな
hidden
Sunset ふゆ海岸線かいがんせん
エンジンをるとほら なみかなしくさわ
もうえなくなるね…って
きみいた手紙てがみ夕映ゆうばえのあか
ひとつの未来みらいしか えらべないねと
ふるえるこえがする あいつときそったきみの…
あのふゆもどってきたい
ちからづくでうばえば よかったのかと
ねぇおれたちは 間違まちがっていたの
きっときみはひとりで だれよりきずついてたね

North Wind 防波堤ぼうはていうえ
肩車かたぐるましてはしゃぐ きみとあいつをてた
風邪かぜひいたようだからと
二人ふたりにキーをわたえきいそいだよ
つめたいのひらを がくにあてて
「さよなら…」とったら なみだがあふれてきたよ
あいしてないと ふたつのうそをつき
大切たいせつだった二人ふたりくしたんだね
勇気ゆうきが もっと あればよかった…と
手紙てがみきみえた写真しゃしん
うら文字もじさ あのふゆもどってきたい
ちからづくでうばえば よかったのかと
勇気ゆうきが もっと あればよかったね
三人さんにんわらってる 写真しゃしんかげいてる