1. 歌詞検索UtaTen
  2. 黒沢年男
  3. 時には娼婦のように歌詞

2007.10.24 リリース

「時には娼婦のように」の歌詞 黒沢年男

作詞
なかにし礼
作曲
なかにし礼
iTunesで購入
曲名
時には娼婦のように
アルバム
媚薬
金額
¥255
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
ときには娼婦しょうふのように みだらなおんなになりな
真赤まっか口紅くちべにつけて くろ靴下くつしたをはいて
おおきくあしをひろげて 片眼かたがんをつぶってみせな
ひとさしゆびまねき わたしさそっておくれ
バカバカしい人生じんせいより
バカバカしいひとときが
うれしい ムームー ムームー
ときには娼婦しょうふのように

たっぷりあせをながしな
あいするわたしのために
かなしむわたしのために

ときには娼婦しょうふのように 下品げひんおんなになりな
素敵すてきさけんでおくれ おおきなこえしなよ
自分じぶん乳房ちぶさをつかみ わたしあたえておくれ
まるで乳呑ちののように
むさぼりついてあげよう
バカバカしい人生じんせいより
バカバカしいひとときが
うれしい ムームー ムームー

ときには娼婦しょうふのように
何度なんどもとめておくれ
おまえのあいするかれ
つかれてねむりつくまで

ときにはしょうふのように/くろさわとしお

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:時には娼婦のように 歌手:黒沢年男

リンクコード:

ブログ用リンク: