1. 社会にあるだけの中の一つ歌詞

「社会にあるだけの中の一つ」の歌詞 鼻毛の森

2015/12/2 リリース
作詞
橋詰晋也(鼻毛の森)
作曲
橋詰晋也(鼻毛の森)
文字サイズ
よみがな
hidden
ひとりといえばひとりになるけど
特別とくべつだともえないんだ。

ちがいもあるにはあるのだけれど
むしろ誤差ごさ範囲内はんいないだね。

それぞれなはな
だいたいたばられるように
それなりのわくなか
だいたいおさまるぼくらだから

わらないよ きみじゃなくても
おなじような ひとはいるから
かまわないよ どうせぼくらは
社会しゃかいにあるだけの なかひと


いるにこしたことはないのだけど
いないよりましなくらいだね。

いるというならいてもいいけれど
かけがえがないほどじゃないかな。

ちがいをもとめて
結局誰けっきょくだれかととかぶるように
かぎられた価値かちなか
だいたい足並あしなそろえてるから

われないよ むしろわれば
ほかにすれば あまるから
われたいよ らく場所ばしょなら
ぼくらはかこわれる かごの小鳥ことり

つまらないよ それがぼくなら
未来みらいかぎられる たかが一人ひとり
おなじような あなのムジナさ
社会しゃかいまもられた ただの一人ひとり