1. 四季折々に揺蕩いて歌詞

人気!
「四季折々に揺蕩いて」の歌詞 After the Rain(そらる×まふまふ)

2017/8/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
水上みながみから
はなみち
木漏こもあしめたら
其処そこでおわか

くちのこ
ずっときでした
がれてる時間じかんなど
ボクにないのだ

間違まちがっても 間違まちがっても
きみこいしちゃいけないよ」
バレないように耳打みみうちした
あのはるかのそら

夜桜よざくら
おどゆめ
歌詠鳥うたよみどりせて
あすなきはるまで
たとえきみ
わすれてしまっても
涼風すずかぜ
おどなつあせばむ
きみかみくもかくれても
ずっと見惚みとれたい
季節きせつ折々おりおりにて

あやすように
とぎしてくれたよる
すくえどもゆび隙間すきま
するりけていく

きみれて
やさしくされてから
のぞんでいた季節きせつ
いたずらにぎる

間違まちがったな 間違まちがったな
きみこいしてしまったな」
あまいものはもう
いらないくらい
きみたいです

秋雨あきさめ
おど
白帝はくていりつ調しら
ほほ下紅葉したもみじ
雨催あまもよ
うれいをかさ
理由りゆう
風花かざはな
まいおど
よる静寂しじまれて
その手左てひだりのぽっけに
れたらおう
季節きせつ折々おりおりにて

四季折々しきおりおりかぜ
きみ
素敵すてきかざ
とお
ゆめのまたゆめ
ボクを
れてってよ

はる黒髪くろかみ
なつ浅瀬あさせ
秋色あきいろほほ
ふゆ
寝起ねおきのわるきみ
ボクは ボクは
どれもきだったよ

山紫水明さんしすいめい
まるきみ
百花繚乱ひゃっかりょうらん日々ひび
記憶きおく彼方かなた
ずっと見惚みとれたい
ずっとさわりたい
さよなら さよなら
季節きせつ折々おりおりにて