1. 歌詞検索UtaTen
  2. BORO
  3. 大阪で生まれた女・18歌詞

1979.8.1 リリース

「大阪で生まれた女・18」の歌詞 BORO

友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
放課後ほうかごのグランドで わせてかえ
二人ふたり西陽にしびがつつんでいる
生徒せいと手帳てちょうなか写真しゃしん
あいおしえていた
大阪おおさかかぜをうけてあるいた
まだなにもらなかった
大阪おおさか二人ふたりにとっておおきすぎて
おびえるようにながめていた
放課後ほうかごのグランドでわせてかえ
かぜにほこりがわらってた

ある ははねむったあさ
ただとまどっていた二人ふたり
すべてがそのからわりはじめ
おとこゆめにむかいはじめた
大阪おおさかまち二人ふたりある
すこ大人おとなえんじていた
大阪おおさかまち二人ふたりていた
ちいさな恋人こいびとたちていた
ある ははねむったあさ
ちいさなおとこあるした

卒業そつぎょうをむかえた 3がつのある
二人ふたりはもっとあいしはじめ
このあいのくずれることだけが
とてもこわかった
大阪おおさかでぎこちなくきていても
ゆめれないとおもってた
大阪おおさかることでそれにわる
ゆめにいれようとおもった
卒業そつぎょうをむかえた3がつのある
あいはよりふかくなった

おどつかれた ディスコのかえ
これで青春せいしゅんわりかなとつぶやいて
あなたのかたをながめながら
やせたなとおもったらけてきた
大阪おおさかまれたおんなやさかい
大阪おおさかまち ようてん
大阪おおさかまれたおんなやさかい
東京とうきょうへはようついていかん
おどつかれたディスコのかえ
電信柱でんしんばしらにしみついたよる

おとこゆめちむかうけれど
おんなはまもるものがある
おとこかべをのりこえるけれど
おんなあいをさがした
大阪おおさかまれたおんなやさかい
このまちをまもりたい
大阪おおさかまれたおんなやさかい
このまちなにかをさがしてた
おとこゆめちむかうけれど
おんなはまもるあいをみた

たどりいたら 一人ひとり部屋へや
裸電球はだかでんきゅうをつけたげど またして
あなたのかおおもしながら
わりかなとおもったらけてきた
大阪おおさかまれたおんなやけど
大阪おおさかまちよう
大阪おおさかまれたおんなやけど
あなたについてこうとめた
たどりいたら一人ひとり部屋へや
青春せいしゅんこころをふるわせた部屋へや

ひかり32ごうって 東京とうきょうへと
なみだがとめどなくながれつづけた
まちをすてることのなみだ
める言葉ことばをふりきるなみだ
大阪おおさかまちをふりかえると
そこにもゆめはあった
大阪おおさかまちをふりかえると
そこにもあいたしかにあった
ひかり32ごうって東京とうきょうへと
二人ふたりきりのゆめって……

立教大学りっきょうだいがくちかくのちいさな部屋へや
それが二人ふたりあいのかたまり
ゆめいつづける二人ふたり
現実げんじつのすべてを
大阪おおさかまれたおんなやさかい
けられへんとおもった
大阪おおさかまれたおんなやさかい
がんばらなあかんといつづけた
立教大学りっきょうだいがくちかくのちいさな部屋へや
なにもないけどかがやいていた

学生達がくせいたちでにぎわうこのまち
似合にあいもしない二人ふたりのくらし
求人きゅうじん広告こうこくでおいながら
なんとかなるよとつぶやいた
大阪おおさかまれたおんなやもん
ゆめをもたんとようきていかん
大阪おおさかまれたおんなやもん
けられへんそれがくちぐせ
学生達がくせいたちでにぎわうこのまち
今夜こんや小雨こさめそらいろ

今日きょう 西口にしぐちのロータリーでのもめごと
警官けいかん学生がくせいいかけてた
きることに必死ひっし二人ふたりには
馬鹿ばかげたことだとおもえた
大阪おおさかまれたおんなにとって
夕焼ゆうやいろのビルはよろこ
大阪おおさかまれたおんなにとって
明日あしたかんじるなにかがほしい
今日きょう 西口にしぐち ロータリーでのもめごと
テール・ランプにれる人影ひとかげ

あつい日々ひびきてた二人ふたり
ゆめ現実げんじつにくずれろうとする
くるしみのなか二人ふたりあいだけが
ただひとつの本当ほんとうのこと
大阪おおさかまれたおんなにとって
よろこびはどこにあるのだろう
大阪おおさかまれたおんなにとって
かなしみはどこにあるのだろう
あつい日々ひびきてた二人ふたり
あいしかしんじるものはなかった

ゆうべ二人ふたり部屋へやとどいた手紙てがみ
つらいメッセージだった
そんならしをはやくやめて
大阪おおさかかえれとっている
大阪おおさかからしたわか二人ふたり
とまどうばかりだった
大阪おおさかからしたわか二人ふたり
このまちおびえていた
ゆうべとどいた手紙てがみ
をふさぐ二人ふたりがいた

なすすべもなくねむひと
あなたのゆめおわりじゃない
現実げんじつにくずれることよりも
現実げんじつきてほしい
大阪おおさかまれたおんな今日きょう
東京とうきょう一人ひとり
大阪おおさかまれたおんな今日きょう
まれたまちへとかえって
なすすべもなくねむひと
自分じぶんをこわさないでほしい

とびらをあける とびらをしめる
きしむような おとがする
こころとびらがあったら
二人ふたりとびらかぎがかけられた
大阪おおさかからの手紙てがみはやがて
いろあせたかなしみにわり
大阪おおさかからの手紙てがみはそして
いろあせた人生じんせい事実じじつとなった
二人ふたりにはきなひと出来でき
やがて大人おとなとびらをあけた

やがてあいする子供こども出来でき
あの青春せいしゅんおも
やがてあいする子供こども出来できても
あの日々ひびえない
大阪おおさかはめまぐるしくわって
時代じだいつく人達ひとたち
大阪おおさかえて時代じだいなか
あなたのうわさをくことがある
ここであいする子供こどもあそんでいる
あのおもにありがとう

最後さいご手紙てがみ
ゆめをつかんだひと
すばらしい人生じんせいつくひと
あなたがくれた日々ひび乾杯かんぱい
大阪おおさか今日きょうもあののまま
あなたの青春せいしゅんのこっている
大阪おおさか今日きょう活気かっきにあふれ
またどこからかひと
最後さいご手紙てがみ
ゆめをつかんだひとへおめでとう
大阪おおさかまれたおんなより
大阪おおさかまれたおんなより

すべてをつつむちからがあれば
あいわらない
たとえばあののように
すべてをつつめば……
そこに まちがありひと
そこに かわながれ、とり
そこに ちいさなアパートがあり
そこに 永久とわあいがあるかもれない
でも それを
大人達おとなたちらない

青春せいしゅんなにかを
つかもうとするとき
ゆがんだ正義せいぎ
つかまされもする
それを否定ひていすることは出来できない
たとえちいさなあやまちでさえも
それはちいさな二人ふたり
あいのせいではなく
青春せいしゅんそのものが
ゆれうご時代じだい

おおさかでうまれたおんな・18/ぼろ

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:大阪で生まれた女・18 歌手:BORO

リンクコード:

ブログ用リンク:

BORO 人気歌詞ランキング

BOROの歌詞一覧を見る

BOROの特集