1. 歌詞検索UtaTen
  2. BORO
  3. 弾き語り達へ -ラウンジ美樹にて-歌詞

2004.6.2 リリース

「弾き語り達へ -ラウンジ美樹にて-」の歌詞 BORO

友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
最終さいしゅう電車でんしゃおくれたよ
一人ひとりたたずむ 午前ごぜん零時れいじのプラットフォーム
あるきはじめた 街灯がいとうした
かれたおとこかげをひきずりながら

きるまでうたこと
ゆめだなんてってた
がつけば青春せいしゅん季節きせつながれにいろせたよう

そうさあれはまだわかかったころ
ゆめにうかされギターかかえて あのまちたよ
あいしてくれたあのひと
これがすべてと うたつづけたけれど
年老としおぎた道化師どうけしてるなんてわれて
がつけばこのまちは いつでもつめたいかぜ季節きせつ

今日きょうはなぜかさみしくないし なみだもでない
あこがれすぎたこのかたに さよならできそうさ

今日きょうもどこかの色街いろまちあたりでは グラスながめて
ギターつま道化師どうけしたち
かけがえのない ときなか
さけにひたって ゆめ

ひきがたりたちへ -らうんじみきにて-/ぼろ

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:弾き語り達へ -ラウンジ美樹にて- 歌手:BORO

リンクコード:

ブログ用リンク:

BOROの特集