1. 11月の雨歌詞

「11月の雨」の歌詞 CHiCO with HoneyWorks

2015/11/18 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
つめたくなった風包かぜつつ
いききみがよぎるあさ
11がつ雨一あめひとつのかさ
途中とちゅうまでじた通学路つうがくろ

空気くうきわりだす
それでもならんで一緒いっしょあるいた
わらない雨音聞あまおとききながら
永遠えいえんしんじてた

未熟みじゅくなわたしたちにはすすべもなく
季節きせつかぎられたときうば
わざとらしくつな声悲こえかなしすぎるから
いつかこの雨止あめやみますように
いつかみますように

これが最後さいごあめいっそ笑顔えがお
不自然ふしぜん会話続かいわつづかずに
地面じめんたたおとかきしたこえ
いつもよリみじか通学路つうがくろ

わってしまうの理解わかったよ
それでもならんで一緒いっしょあるいた
わらない雨音聞あまおとききながら
永遠えいえんいのった

未熟みじゅくなわたしたちにはすすべもなく
季節きせつかぎられたときうば
きみき」えないままとおぎたあめ
いつかとどけるさがすよ

「もしもきみぼくことわすれたって大丈夫だいじょうぶだから」
こらえられないならわないでよ
いてごらんあめおと

未熟みじゅくなわたしたちにはすすべもなく
季節きせつかぎられたときうば
きみき」えないままとおぎたあめ
みみましてこえるから

つながってるいまでも
こんなあめ
きみまちまでとどくように
きみとどきますように