1. 歌詞検索UtaTen
  2. Cocco
  3. やわらかな傷跡歌詞

「やわらかな傷跡」の歌詞 Cocco

1997/5/21 リリース
作詞
こっこ
作曲
こっこ
文字サイズ
よみがな
hidden
ちいさなわたし かわいたみち
あせばむ背中せなか 陽射ひざしに
わか夏草なつくさのよう
ほそさかのぼれば
両手りょうてひろげて
ながれるくもあい夢見ゆめみ

からまるかみ
とまどいながら
おなじにおいと出会であ
もつころ

あかるくなってゆくそら
ふたりはにくんでいたけど
いつのおさないあい
抜殻ぬけがらのこして
つことを っていた

ブーゲンビリア つたわせて
かさねては 時間じかんきつめ
さるとげ気付きづくと
かげからこぼれる あの太陽たいよう
えないうで明日あしたかした

あるくために
くしたものを
ひろあつめて
手首てくびきざんでも

あかるくなってゆくそら
ふたりはにくんでいたけど
いつのおさないあい
抜殻ぬけがらのこして
つことを っていた

まどたたく季節きせつ
もう何度なんど かぞえたのだろう
ばせば とどきそうなほど
残酷ざんこくあかく ah… ah… ah

りにしてきた
記憶きおくれあがる 傷跡きずあとたちを
やわらかな あなたの温度おんど
くるおしく あいしていたから

あかるくなってゆくそら
ひとりで にくんでみたけど
いつのおさないあい
抜殻ぬけがらのこして
ときっていた