1. 歌詞検索UtaTen
  2. H△G
  3. 銀河鉄道の夜を越えて歌詞

2018.2.14 リリース

「銀河鉄道の夜を越えて」の歌詞 H△G

iTunesで購入
曲名
銀河鉄道の夜を越えて
アルバム
銀河鉄道の夜を越えて - Single
金額
¥250
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
せいなるよるひと真冬まふゆのプラットホームから、
せんほたるのようなあかりがとおくにえた。

星祭ほしまつりのよるにあの停車場ていしゃじょうまったままのぼくらは、
天気てんきはしら銀河ぎんがステーションをいまでもさがしてるんだ。

銀河ぎんが鉄道てつどうよるえて、またきみえるがした。
ほしめぐりのうたたち、ほらこえるこんなよるには。

水晶すいしょう細工ざいくのような銀杏いちょう見上みああるいた。
きみきだったこと、ほこりにしてきてるよ。

きたきたへとかうあの夜汽車よぎしゃなかで、
きみぼくかせてくれた、
たった一人ひとりきりの神様かみさまはなしをいまさらおもしてる。

銀河ぎんが鉄道てつどうよるえて、またきみえるといいな。
ゆきめぐりのうたたち、ほらひびいたこんなよるには。

ぎんがてつどうのよるをこえて/はぐ

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:銀河鉄道の夜を越えて 歌手:H△G

リンクコード:

ブログ用リンク: