1. 歌詞検索UtaTen
  2. HARCO
  3. 天気雨歌詞

2004.5.10 リリース

「天気雨」の歌詞 HARCO

友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
すこしだけねむつきをこすってあるくのはくもった午後ごご3
いつもだったならばかったえきのまわりのビルを見上みあげるのに
うつむいたまま

いくつものくもかんじるたびむなしさにしつぶされそうだ
ねぇリラックスしてさらっといまをなんとなくやりごせたならば
どんなにいいだろう

天気雨てんきあめ して太陽たいようぼくらすなんてどうかしてるんだ
雲間くもまから得意気とくいげそらえた
たしかにあおいけどにじはひとつもえない

何回なんかいもためいきがこぼれ、そのたびににわかあめちた
ぼくはいったいなにについて苛立いらだちをかかえてあるいているの?
あめんだ

こいしくて涙目なみだめになる午後ごごはひとりではないとちょっとってしいんだ
だれのせいにしたってよるるから子犬こいぬのようにぼくくびって…
にじえ!
こいしさにがれたら人波ひとなみぼくつつむほどだれかにいたい
なにのせいにしたっていつまでたっても子犬こいぬのようにいきらしてはいられない
天気雨てんきあめった雲間くもまから
よるつめるけどほしはひとつもえない

てんきあめ/はるこ

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:天気雨 歌手:HARCO

リンクコード:

ブログ用リンク: