1. 歌詞検索UtaTen
  2. HKT48
  3. 2018年の橋歌詞

「2018年の橋」の歌詞 HKT48

2017/12/27 リリース
作詞
秋元康
作曲
谷村庸平
文字サイズ
よみがな
hidden
くるまながはしわたり(わたり)
ここから日差ひざしがわるよ(わってく)
見下みおろすこのうみはただあおく(あおく)
ぼくそだったしまかげがもうちかづく
まれそだったしまかげがもうちかづく

きみ一緒いっしょかえるってことを
つたえたら(みんな)むかし友達ともだち
ってるよって…

どこまでもつづくこのみち
ずっとずっとまっすぐに
何年なんねんかえらなかった
ぼくまずさ
あのころとおかんじた
ゆめ現実げんじつ距離感きょりかん
いま ぼく恋人こいびと
故郷ふるさと つないでくれた

日差ひざしのさき出口でぐちりて(りて)
なつかしい景色けしきひろがる(ひろがってく)
こんなに便利べんりになったまちは(まちは)
したわかぼくおぼえてくれてるか?

片道かたみちだけのチケットにぎ
からっぽの(自分じぶん)トランクんで
ふねった

いつまでもわらないみち
これがこれが未来みらいだよ
やるだけのことはやって
いはないんだ
あのころなにもとめた?
絶対ぜったい ここにはないもの
ぼくたちの結婚けっこん
故郷ふるさといわうために…

どこまでもつづくこのみち
ずっとずっとまっすぐに
何年なんねんかえらなかった
ぼくまずさ
あのころとおかんじた
ゆめ現実げんじつ距離感きょりかん
いま ぼく恋人こいびと
故郷ふるさと つないでくれた

あのころつからなかった
この土地とちにしかないもの
いま やっと づいたよ
最後さいごかえるべき場所ばしょ