1. 歌詞検索UtaTen
  2. IA
  3. 空奏旅行歌詞

「空奏旅行」の歌詞 IA

2013/1/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
あかはながら模様もよう
くろの タキシード
蒸気機関車じょうききかんしゃ くろ蒸気船じょうきせん
ほんなかでしか らない その景色けしき
まえるんだ
此処ここは “ゆめ" なのだろう

めぐ輪廻りんねいと
かなし ただ空回からまわ
つよせるたび
よわ千切ちぎれるだけで
すべかってるのに
なんわすれているようで
ただ其処そこにある “ゆめ" をてた

かぎりなく たかひろがるそら
どこか どこか かなしくひろがっていた
きっとその ばすさきにある
いまだ それを つかめないまま
ばたいた とり羽音はおとなか
おもせない 面影おもかげさがした
なんのため だれのために わたし
ここで 一人ひとり まよっているのです?

街角まちかどひびいた
んだ旋律せんりつ
くもえずながれる
あわ恋空模様こいそらもよう
ひと目見めみとき
気付きづいていたんだ
かれにときめいた
これは こいなのだろう

つむ悲劇ひげきおと
ひらく パンドラのはこ
はる記憶きおくそこ
すべつながっていて
とおこえてるような
ひびわかれのうた
ただこたえはせないままに

またたいた ひとみうつもの
おもした かなしい現実げんじつ
すべてこの なかにあったのに
いまは それも れられないの
うごきだす 未来みらい いかけるには
なにも かもが すでおそすぎてた
わすれゆく さだめの こたえなんて
らない ほうしあわせなのでしょう

膨大ぼうだいときながれのなか
何時いつ何時いつながくのだろう

何度目なんどめいま 此処ここにあるもの
まもれず くずれていくだけで
かなしくも 最後さいごおとかな
きみかたる 「仕方しかたないね」と
うすれゆく 景色けしきは やがてえて
すべもどすべてをわすれてく
かえわたしときける
目指めざさきなにるとしても