1. 歌詞検索UtaTen
  2. LUNKHEAD
  3. 千川通りは夕風だった(G・バージョン)歌詞

2004.6.23 リリース

「千川通りは夕風だった(G・バージョン)」の歌詞 LUNKHEAD

作詞
小高芳太朗
作曲
小高芳太朗
iTunesで購入
曲名
千川通りは夕風だった
アルバム
SOUND FILES 20091128~THE VERY BEST OF LUNKHEAD~
金額
¥250
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
れかけて 自転車じてんしゃってひとりきり
てもないままぶらぶらするのもわるくないな
たまにはこんなでもわるくないな

夕風ゆうかぜまちいろはそっとよるまっていく
ぼくはなんだかさみしくなってまた自転車じてんしゃのスピードをげる

時々僕ときどきぼくはとてもくだらないことなやんで
一人ひとりぼっちでどうしていいかわからずに途方とほうにくれる
たまにはそんなでもわるくないな

街灯がいとうともった公園こうえんでブランコいている
ぼくはなんだかさみしくなってまた自転車じてんしゃのスピードをげる

夕風ゆうかぜまちいろはそっとよるまっていく
ひとりきりぼくこころをセンチメンタルにれていく
千川通せんかわどおりは家路いえじいそひとあふれている
ぼくはなんだかさみしくなってまた自転車じてんしゃのスピードをげる

せんかわどおりはゆうかぜだった(G・ばーじょん)/らんくへっど

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:千川通りは夕風だった(G・バージョン) 歌手:LUNKHEAD

リンクコード:

ブログ用リンク: