1. 歌詞検索UtaTen
  2. LUNKHEAD
  3. 灰空歌詞

2004.6.23 リリース

「灰空」の歌詞 LUNKHEAD

作詞
小高芳太朗
作曲
小高芳太朗
iTunesで購入
曲名
灰空
アルバム
地図
金額
¥250
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
おもしたのは はしつづけるぼく背景はいけいあおそら
しんじきっていた うたがうはずもないとおもったあおそら
いつからもうこのにはうつらなくなっていたのかな

このからなみだがこぼれて なにもかもぼやけてえた
それがそらかくしてくれるのをただぼくつばかり
あおそらはもういろうしなっていた

いまこうやってみてそらあおいようでやっぱり灰色はいいろだった
いまとなってはどんなふうあおえていたのかからなくなった

もうなにたくないと そうおもっていたのそのとき
何処どこからかよるがやってきて ぼくからいろをさらっていった
やみそらかくしてくれた もうぼくなにないですむ

もうなにえない そうおもって見上みあげた夜空よぞら
いままで気付きづかなかったかずほしまたたいていた

ぼくなかなにかがすこわりだした そんながした
そらあおえるがした 気付きづいたらなみだまっていた
けてくそらいろがつきだした
きっとすぐにあおそらぼくのこのうつるだろう

はいそら/らんくへっど

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:灰空 歌手:LUNKHEAD

リンクコード:

ブログ用リンク: