1. 歌詞検索UtaTen
  2. Maison book girl
  3. 鯨工場歌詞

2019.4.3 リリース

「鯨工場」の歌詞 Maison book girl

友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
ぼくらのうたはどこにとどいているんだろう。
鯨波ときまち」の海辺うみべだれいてるの。

それに気付きづいたの。うみふかくから、ぼくあそんでるくじら歌声うたごえ
おさなころから耳鳴みみなりのようとおくで、かれらはそっとはじめていたよ。

ゆめなかのあのはなし本当ほんとう何処どこかでつづいていた。
ほんいえ少女しょうじょたち、気付きづかないまま。

ぼくらのこえはどこにとどいてゆくんだろう。
あめ言葉ことばだれこえだったの。
ぼくらのこえはどこにつづいてゆくんだろう。
からだだけとりがどこかでてるの。

階段かいだんうえからながめたベランダ、あおいカーテンがかくしてた景色けしき
なにらないで音符おんぷいてる。ちいさな部屋へやなかなにかをつくってた。

まちはずれの工場こうじょう煙突えんとつ綺麗きれいならんで。
びたてつにおいだけかすかにれる。

ぼくらのうたはどこにとどいているんだろう。
かえみち途中とちゅう見慣みなれない路地裏ろじうら
ぼくらのうたはどこにつづいているんだろう。
くびだけのとり神社じんじゃからった。

ぼくらのあさはどこにかくしてしまったの。
くじら歌声うたごえゆめくずしてく。
ぼくらのあさつぎうたけてゆくの。
鯨波ときまち」の海辺うみべきみいてるの。

くじらこうじょう/めぞんぶっくがーる

Maison book girlの特集