1. 運命歌詞

「運命」の歌詞 My Hair is Bad

2017/9/6 リリース
作詞
椎木知仁
作曲
椎木知仁
文字サイズ
よみがな
hidden
偶然ぐうぜんだった
最後さいご最後さいごであのおなふく
ぼくおくれてった
見慣みなれないみじかかみだった
気不味きまずくて珈琲こーひーながんだ
でもなぜかあじがしなかった
沈黙ちんもくつづいていた
その瞬間しゅんかん ぼくさとった

きっとわりだった
ずっとかっていた
もうなにわなかった
ずっと怒鳴どなっていた
じっとにらんでいた
でもきみかなかった
どうして
わりだけわかってしまうんだよ

がるぼくつかんで
その拍子ひょうしにグラスがちた
たった数秒すうびょうながすぎて
たった一言ひとことえなくて
偶然ぐうぜんか 必然ひつぜん
どちらでもいい ただ
このえんが 破片はへん
いまえるのをっていた

ゆびれるだけで
むね高鳴たかなってた
そんな二人ふたりはいつが最後さいごだったろう
いまれるだけで
いたむほどにひどれていた
そしてぼくはそっとらして

きっとわりだった
ずっとかっていた
ついにエンドロールだった
ぼくみせると
もうかえるはずもなかった
すぐにきみきらいだった

最後さいご最後さいご本当ほんとうはね きたかったよ
硝子がらす破片はへんひろいながら
ゆかきみうたがってた
どうして指輪ゆびわはずしてなかったの?

必然ひつぜんだった
いつでもわりはなにかのはじまりへ