1. 冬がのぞいてる歌詞

「冬がのぞいてる」の歌詞 NSP

1994/11/18 リリース
作詞
天野滋
作曲
天野滋
文字サイズ
よみがな
hidden
きみほん片手かたてってだまってすわるそのわきで
障子しょうじのすきまをはずかしそうにふゆがのぞいてる

からのちゃわんのそこにはこちんとこおったためいきが
ほこりにまじったけだるさは
ぬけたかみといっしょさ

ボクもきっと自分じぶんとしかぞえるときがくるだろな
あたまのしらががふえるのをにするときがくるだろな

じょうだんなんかいえないで
しくはっくのいったりきたり
でるまくなくてひまそうな てるてるぼうず

はまたすこしかたむいて屋根やねあかくなってくる
いつもとおなじけしきのなか自分じぶんだけがとしおいて

ボクもきっと自分じぶんとしかぞえるときがくるだろな
あたまのしらががふえるのをにするときがくるだろな

じょうだんなんかいえないで
しくはっくのいったりきたり
でるまくなくてひまそうな てるてるぼうず