1. 残像歌詞

「残像」の歌詞 NSP

2005/2/2 リリース
作詞
天野滋
作曲
天野滋
文字サイズ
よみがな
hidden
なにがそんなにかなしくて にくみあったというのか
いまとなってはわけなんて どうでもいいんだ
さむいプールでおぼれかけて んでゆくんだとおもった
水面すいめんひかりだけが いてる

ながながよるやみなか絶望ぜつぼうかげおびえる
ねむれないくるしさを いたいんだ
けだしたゆきつちなかにしみんでいくように
きみこころすこしずつわかりたいだけ

いったいきみはどこから まれてきたの
いったいきみはどこまで ゆくつもりなの
あいしてるよ 勘違かんちがいかな
かたちのないぬくもりを きしめている

余計よけいものあつめすぎた 真実しんじつだけがつかめない
ありふれた毎日まいにちなか れてしまうよ
金網かなあみのむこうの校舎こうしゃから 黄昏たそがれしずんでゆく
ふざけあった友達ともだちかおおもえがいてる

いったいぼくはいつから ここにるんだろう
いったいぼくはどうして きみしいんだろう
いったいきみはどこから まれてきたの
いったいきみはどこまで ゆくつもりなの

あいしてるよ くちにしないけど
こえにならない気持きもちだけをきしめている