1. 歌詞検索UtaTen
  2. NSP
  3. 見上げれば雲か歌詞

「見上げれば雲か」の歌詞 NSP

2002/10/9 リリース
作詞
天野滋
作曲
天野滋
文字サイズ
よみがな
hidden
あいすることは ほかおおくの
犠牲ぎせいいつわりが 必要ひつようなんだ
月日つきひかわあいけずられ
二人ふたりのこされた せたなみだ
それぞれひとさびしくなると
手頃てごろこいに そのまか
あいすることと にくみあうことが
となわせと 気付きづいてしまう
そら見上みあげて
見上みあげればくも
見上みあげればほし
見上みあげればかぜ
見上みあげればそら

こいわりに ひとつの指輪ゆびわ
二人ふたり記念きねんは たったそれだけ
これからずっと 指輪ゆびわめて
やぶれたこいかずだけするワといった
きみおんなさ やさしいだけじゃない
かなしくなると なみだ武器ぶき
ためらいだけの あのころぼく
意気地いくじがないと あきらめていた

それぞれひとは その足元あしもと
自分じぶんかげきずりつづ
まるとき おもすのは
いとしいひと笑顔えがおじゃないか
そら見上みあげて
見上みあげれば くも
見上みあげれば ほし
見上みあげれば かぜ
見上みあげれば そら