1. 歌詞検索UtaTen
  2. NakamuraEmi
  3. 新聞歌詞

2018.3.21 リリース

「新聞」の歌詞

朝日新聞社 企業ラジオCM

NakamuraEmi

iTunesで購入
曲名
新聞
アルバム
NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol. 5
金額
¥255
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
画面がめん文字もじながら えない相手あいて想像そうぞうしながら
仕事しごとはどんどんすすんでいく 珈琲こーひーもどんどんっていく
パソコンのキーをってたら わらいながら母親ははおやった
「ネズミの足音あしおとみたい」 フットわらってまった

たりまえのこのおともれていた

夜明よあけにしたたあめおと カブのおととポストのおと
なんだか特別とくべつこえて ぐしゃぐしゃなかおでポストをけた
ビニールがかかった新聞しんぶん びしょれでとどけてくれたんだろう
たったそれだけのことさ たったそれだけのことさ

なんかわすれてるがした 大切たいせつなこと

きなひといえ電話でんわかけて だれるかわからないあの緊張きんちょうおぼえてる
きたい場所ばしょへは地図ちずであらかじめチェックして 時刻表じこくひょうはお財布さいふはいってて
あとはみちたずねればけた
わせの時間じかんなかったらさきってるってえき伝言板でんごんばん
電車でんしゃ綺麗きれいちいさくたたんで新聞しんぶんめるひとがなんかかっこよかった
どんどん便利べんりになったから どんどん面倒めんどうあふれて
でも全然ぜんぜんひとこころは いつまでたっても便利べんりにならない
教育きょういく」の線引せんびきのおおくは「体罰たいばつ」となりはじめた
近所きんじょ顔馴染かおなじみだった時代じだい 人間にんげん関係かんけいなや時代じだい
あれ あれ? その境目さかいめをこのていた
あれ あれ? 「大切たいせつなこと」

料理りょうりみたいな ラジオみたいな レコードみたいなものかな
部屋へやには1人ひとりなのにだれかにさわってはなしたような
手紙てがみみたいな 新聞しんぶんみたいな 万年筆まんねんひつみたいなものかな
1人ひとりなのにだれかにさわってはなしたような
携帯けいたいがない そんな時代じだい ってる最後さいご世代せだいかもしれない
手間てまはちゃんと真心まごころになる
そんなことおもいながら ビニールをとった新聞しんぶん
わるとうちのねこのおやつをくおさらになった

しんぶん/なかむらえみ

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:新聞 歌手:NakamuraEmi

リンクコード:

ブログ用リンク:

NakamuraEmiの特集