1. 歌詞検索UtaTen
  2. PELICAN FANCLUB
  3. 100年前歌詞

2019.6.26 リリース

「100年前」の歌詞 PELICAN FANCLUB

作詞
エンドウアンリ
作曲
エンドウアンリ
iTunesで購入
曲名
100年前
アルバム
Whitenoise e.p.
金額
¥250
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
螺旋らせん階段かいだん駐輪場ちゅうりんじょうったりたり
とおくみてツツジのみつきみ姿すがた
ぼくだけの秘密ひみつにしようと

手紙てがみなんておくってもないのに
ポストのぞいてみたりする
ウズウズしていて仕方しかたない
日常にちじょう突然とつぜんくしゃみした

なに期待きたいはしていない
ただの憂鬱ゆううつばしたい人生じんせいだった

うごきそうな
あの太陽たいようしずまない呪文じゅもんとなえた
ときめきのなかまで白夜びゃくやのよう

大事だいじものだけむねにしまっていて
われた言葉ことばくちしてみたんだ

螺旋らせん階段かいだんをまたくだって
あののマネをしてみてり
ツツジのみつをすってみて
すこしだけあまいなとこぼした

電話でんわなんかしていないのに
だれはなしいてほしい
ウズウズしていて仕方しかたない
日常にちじょう突然とつぜん風邪かぜひいた

なに期待きたいはしていない
ただの憂鬱ゆううつばしたい人生じんせい

うごきそうだ
いま太陽たいようしずまない呪文じゅもんとなえた
ときめきのなかまで白夜びゃくやのよう

大事だいじものだけむねにしまっていて
われた言葉ことばくちしてみたんだ

あそびにこう
こたえはない
あそびにこう
こたえはない
あかるいうちにぼくらはあそびにこう

うごきだした
いま太陽たいようしずまないでとさけんだ
ときめきのなかだけ白夜びゃくやのよう

もどらないこの日々ひびむねにしまっていて
われた言葉ことばむねのこっていた
大人おとなになったいまなぜかおもしたんだ

100ねんまえ/ぺりかんふぁんくらぶ

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:100年前 歌手:PELICAN FANCLUB

リンクコード:

ブログ用リンク: