1. float歌詞

「float」の歌詞 Plastic Tree

2015/12/23 リリース
作詞
佐藤 ケンケン
作曲
長谷川 正
文字サイズ
よみがな
hidden
やわらかいなみなかかくれるようにけてった
とおってく陽射ひざしは みずそこしずんで
にじんだぼく視界しかい揺蕩たゆたうようにうつした
わらないかなしみ
そっとのこかげつらなって

かすんだゆめ途中とちゅういてたようながして
まだつづいているいたみが それをおしえてくれたんだ
わらないものとわっていくこと づいてられたら
もどらないおもいにさえ ずっとぼくでいれたかな?

えなくて えなくて かえ色褪いろあせてく
くるしくて せつなくて わすれてしまいそうで

かなしそうな空見上そらみあげては 何度なんどばした
って って って いた 透明とうめいかぜ
さびしそうにうれぼく
何度なんどあやまった日々ひび
れて れて れて 不意ふいえる薄明はくめい

まぶしい憧憬どうけい午後ごご ひかりのカーテンつつんで
ただよいまを ずっと ぼくはただながめてた

えなくて えなくて かえとおざかってく
ねがっても おもっても りにしながら

かなしそうな空見上そらみあげては 何度なんどばした
って って って いた 鈍色にびいろかぜ
たのしそうにわらきみ何度なんどかんだなら
れて れて れたい れないままで ひと

まぶしい憧憬どうけい午後ごご ひかりのカーテンつつんで
ただよいまを ずっと ぼくはただながめてた
やさしい倒影とうかげあと ひかり絨毯揺じゅうたんゆらいで
ただよいまも ずっと きみにはもうとどかない