1. 歌詞検索UtaTen
  2. REV
  3. にじんだ瞳歌詞

「にじんだ瞳」の歌詞 REV

1994/9/28 リリース
作詞
出口雅之
作曲
出口雅之
文字サイズ
よみがな
hidden
たかいビルにかこまれた
街並まちなみがセピアにまる
このまどから景色けしき
きみきだったね
たよりなくって
きずつけことしか出来できなくて
それでもしんえた
ぬくもりがあればそれでよかった

にじんだひとみなにうつせばいいのさ
まぶしいきみ笑顔えがおいまでもれている
とぎれた約束やくそくのカケラがこころめつけるけど
ささやかな部屋へやつめた
とおゆめだけはきっとわすれない

きみはもうかえらないと
あのあめのなかそっとつぶや
言葉ことばないもどかしさにくちびるかみしめた
あんなにもさみしがりやな
こころをなぜめてやれなかった
だれよりもぼくしんじて
かざらないおもいをいつもはなしてくれた

にじんだひとみなにうつせばいいのさ
やさしいぬくもりをこのむねかんじてる
きみあて手紙てがみとどくたびにつらくなるけれども
ささやかな部屋へやでみつめた
とおゆめだけはきっとわすれない…
きっとわすれない…