1. 歌詞検索UtaTen
  2. SIX LOUNGE
  3. 幻影列車歌詞

2019.9.11 リリース

「幻影列車」の歌詞 SIX LOUNGE

作詞
ナガマツシンタロウ
作曲
ヤマグチユウモリ
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
Good bye. そんなのちょっとれくさいよな
グレたきみはそれでもキラキラかがやいてる

たまにかんがえるんだ どうでもいいこと
幽霊ゆうれいならすこしだけしんじているよ

さきのない無人列車むじんれっしゃっていく
きみはもうってこないだろう
だけどかなしくない

きっときみには太陽たいようまぶしすぎただけさ

またこの季節きせつきみれてきそう
へんにカッコつけてもこころむし

さきのない無人列車むじんれっしゃっていく
きみうそをついたままだけど
いまかなしくない

窓辺まどべおどるエーテルどこへ
てもないけれどとおたびをして

あぁ、さきのない幽霊列車ゆうれいれっしゃっている
きみ綺麗きれい寝顔ねがおだから
いまかなしくないよ

げんえいれっしゃ/しっくすらうんじ

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:幻影列車 歌手:SIX LOUNGE

リンクコード:

ブログ用リンク:

SIX LOUNGEの特集