1. 歌詞検索UtaTen
  2. TEAM SHACHI
  3. レースのカーテンを揺らした / チームしゃちほこ歌詞

「レースのカーテンを揺らした / チームしゃちほこ」の歌詞 TEAM SHACHI

2019/2/13 リリース
作詞
千野隆尋
作曲
千野隆尋
文字サイズ
よみがな
hidden
つめたいかぜいた
あののスカートをらして 少年しょうねんあせばして
ぼく部屋へやいた

つめたいかぜいた
おとこのスーツをなぞって 彼女かのじょなみだをすくって
ぼく部屋へやいた

いつからだろう ぬくもりにれて頑張がんばれなくなったのは
いつからだろう ずかしくなってはしれなくなったのは

かぞれないおもいのなかで たったひとつのおもいがさけ
それはだれにもこえないようで きっとだれかがいている
使つかれない言葉ことばなか使つかふるされた言葉ことばをただ
たりまえだとわらうようで きっとだれもがのぞんでる
きたい

つめたいかぜいた
あなたのいのりをさらって やさしくほおさわって
ぼく部屋へやいた

いつからだろう
いつからだろう

かぞれないおもいのなかで たったひとつのおもいがさけ
それはだれもがしていないようで きっとだれもがかくしてる
ぬぐれないなみだなかで やっとつかんだ日常にちじょうをただ
うまくこなしていたいようで きっとだれもが足掻あがいてる
きたい

つめたいかぜいた
つかれたかおにキスして つないだとおって
ぼく部屋へやいた
つめたいかぜいた
世界中せかいじゅうたびして 透明とうめいになったかぜ
レースのカーテンをらした

かぞれないおもいのなかで たったひとつのおもいがさけ
それはだれにもわからないようで きっとだれもがわかってる
かぞれない奇跡きせきなかで たったひとつの奇跡きせきさけ
平気へいきかおをしてるようで きっとだれもがさけんでる
たったひとつのいのちとして
わりのいないいのちとして
かけがえのないいのちとして

きたい