1. 記憶列車歌詞

「記憶列車」の歌詞 THE BACK HORN

2015/11/25 リリース
作詞
松田晋二
作曲
岡峰光舟
文字サイズ
よみがな
hidden
ゆうべの汽車きしゃって あなたをさがしにゆく
やぶれかけの写真しゃしんむねおくいたまま

孤独こどくまどたたさびしいよるだから

そとこごえそうな 真冬まふゆ景色けしき
汽笛きてきとおひびいて
ぼくせてゆくよ 辿たどってゆくよ
かすかでも たしかなかおりを

過去かこりすがるのはかなしすぎること」だと
最後さいご言葉ことばだけが あたまなかめぐ

つめたいほおれて 永遠えいえんったから

あいらぬゆきころ
後悔こうかいはそっとつのるばかり
ぼくえるのなら つみあとさえ
ゆるされて しずかにねむるの?

かすんでゆく はし記憶きおく列車れっしゃ
ひとつ ひとつ こぼれちてく あの面影おもかげ
もう一度いちど 微笑ほほえんで いまここで 微笑ほほえんで
二度にどもどれない あの

そとこごえそうな 真冬まふゆ景色けしき
汽笛きてきとおひびいて
かえ場所ばしょ何処どこか ゆくてもはる
こころなか 彷徨さまよってゆくの?

ああけがれのない しろゆき
天使てんしのように そらりてゆく
ぼくせてはしるよ 何処どこまでもゆくよ
えきなきえき その彼方かなたまでも