1. 歌詞検索UtaTen
  2. Uru
  3. 追憶のふたり歌詞

「追憶のふたり」の歌詞 映画 悪と仮面のルール 主題歌 Uru

2017/12/20 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
気付きづいていた やさしいうそ
千切ちぎれるようにとおざかる
えていく追憶ついおくのふたり

どんなふうきていたの
あるつかれたそのあし
かすかなあかりをともしては一人ひとり
いていたの

つたえたかったはずの言葉ことば
のどおく するりするりと
とおぎてはおとくして
なみだわっていく

あなたのことおもたび
しあわせであるようねがっていたよ
もしもかなうのなら
最後さいご一度いちどだけでいい
きしめてしかった

どんなよるごしていたの
ゆめからめたあとでも
そのつづきをるように一人ひとり
ふるえていたの

つないでは その輪郭りんかく
なぞるようにたしかめったね
むすんだいといてくように
なみだあふれていくだけ

あなたにがれ
あなたをあいした
たしかな時間じかんがあったから
どんな運命うんめいだって
ゆるせてきたでしょう
なのにこんなにむねくるしいのは

わたしなかにまだあなたがいて
いつかまたえるってたから
たった一度いちどでもこころかよわせた日々ひび
二人ふたり

あなたのことおもたび
しあわせであるようねがっていたよ
もうえないとしても
あなたとおな時間じかん明日あした
きていくよ