1. 歌詞検索UtaTen
  2. WEBER
  3. 太陽のかけら歌詞

2019.6.26 リリース

「太陽のかけら」の歌詞 WEBER

作詞
ryow inukami
作曲
Hiroto Suzuki, Hiroki Otsuka
iTunesで購入
曲名
太陽のかけら
アルバム
deception special edition
金額
¥250
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
こころ どこで こわれてしまったのだろう
こんなときはなんてえばよかったの?
ランドマーク、ガラスのなか
見慣みなれてたかお かたまった午後ごご4

いつもの毎日まいにちにさえ もうもどれない
えてしまいたくて やぶいててた
ただしいものは
もはや「正論せいろん」ではなく
ただの空気くうきになればよかった

らばったぼくのかけら
かえむかえにこう
なか ちいさくれば
くしてたぼく色彩カラー
ひろがるよ

あいひびかせて
明日あしたはきっととびらひらいて
真暗まっくらな この世界せかいりかえる
れるこのこころ
ちひしがれてすすもう
さがしたこたえはいつだって
自分じぶんなかにあった きしめるよ

いつかわすれられるるなんて
おもえなくて いまをやりごしてる
かえすことのない日記にっき
いてはかぎめた午前ごぜん四時よじ

きらめいたぼくのかけら
一秒いちびょうごとかがやきを
いろとりどりの世界せかい
ひとそれぞれの正解せいかい かさなるよ

あいひびかせて
明日あしたはきっととびらひらいて
真暗まっくらな この世界せかいりかえる
くだけたかけらもいつしか
カタチになる
いたみのないみち意味いみはない
ぼくあるいていくよ
遠回とおまわりをしても それでいいと

たいようのかけら/うぇばー

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:太陽のかけら 歌手:WEBER

リンクコード:

ブログ用リンク:

WEBERの特集