1. 歌詞検索UtaTen
  2. ZONE
  3. 足跡歌詞

「足跡」の歌詞 ZONE

2002/11/27 リリース
作詞
ミウラタカシ
作曲
櫻井真一
文字サイズ
よみがな
hidden
おもどおりにいくことは ソウソウあったものじゃない
夢中むちゅうになれる 瞬間ときがあるのなら すすんでける
だって ぼくらの存在そんざいは もうすこしラフでちょうどいいくらい
いつだって どこだって みちはあるから

かじかんだゆび かわいたこころ 背中せなかをぬけるかぜ
すべてがきている あかしだよ

自分じぶんしんじていくことは
結果けっかじゃなくて あきらめはしない つよさなんだね

おもどおりにかなくて イチイチしょげてちゃつづかない
夢中むちゅうになれる瞬間ときがあるのなら 遠回とおまわりもいい
だってぼくらがすすんでる みちまりなんてないんだよ
いつだって どこだって あるきだせるから

いやされないのは 自分じぶんこころ そうかんじているなら
きみあたえられた 試練しれんだよ

否定ひていをするのは簡単かんたん
必要ひつようなのは 自分じぶんしんじる 勇気ゆうきなんだね

季節きせつわるころまでに すこわっているはずさ
無理むりしてすす価値かちがないのなら 後回あとまわしもいい
そしたらスーッとれわたり もう一度いちど 笑顔えがおもどってくる
いつだって 何度なんどでも やりなおせるから

夜空よぞらるたびかがやえて おもたちをうつすけど
未来みらいえることはない だから自分じぶんで…(だから自分じぶんで)
あるいてくんだよ

おもどおりにかなくて イチイチしょげてちゃつづかない
夢中むちゅうになれる瞬間ときがあるのなら 遠回とおまわりもいい
だってぼくらがすすんでる みちまりなんてないんだよ
いつだって どこだって あるきだせるから