1. 歌詞検索UtaTen
  2. The Songbards
  3. 夏の重力歌詞
よみ:なつのじゅうりょく

「夏の重力」の歌詞

The Songbards
2020.9.23 リリース
作詞
上野皓平,松原有志
作曲
上野皓平,松原有志
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
えてゆくなつくもに ぶらがったぼくかげ
わすれものはとおそら どこまでもながれていた
いかけていかけて ちいさなそのいのちすら
永遠えいえんかがやいて 無限むげんたびさそうよ

手放てばなせばえてしまうから
めてながめていたのに

名前なまえべば いつかは
またえるとおもっていた
あのとおなつかがやきは
かさなりった記憶きおくすみまれ
そこにはもうぼくらいなかったんだ

海風うみかぜざるあのまち どこまでもあるいたみち
裸足はだしのままで して 砂粒すなつぶ世界せかい
ちかづいてははなれてゆくまぶしいひかりれて
つめたくておどろいた 足跡あしあと辿たどっていた

めた景色けしきうつった
すこしずつちかづくひかりもぐろうといきんだ

んだ景色けしきうつった
らされたこころつけた
かがやきはここにあったのに

およいでゆけば いつかは
辿たどくとおもっていた
あのとおなつかがやきは
かさなりった記憶きおくなみまれ
ここにはもうぼくらいなかったんだ

およいでゆけば...
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:夏の重力 歌手:The Songbards