1. 歌詞検索UtaTen
  2. THE YELLOW MONKEY
  3. JAM歌詞
よみ:じゃむ

「JAM」の歌詞 番組「ポップジャム」 エンディングテーマ

THE YELLOW MONKEY
1996.2.29 リリース
作詞
吉井和哉
作曲
吉井和哉
  • 試聴
  • 動画
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
くら部屋へや一人ひとり
テレビはつけたまま
ぼくふるえている
なにはじめようと
そとつめたいかぜ
まち矛盾むじゅんあめ
きみねむりのなか
なんゆめてる?
時代とき裏切うらぎりもかなしみも
すべてをぼくにくれる
ねむれずにさけぶように
からだはあつくなるばかり
Good Night かぞえきれぬ
Good Night よるえて
Good Night ぼくらはつよ
Good Night うつくしく
はかなさにつつまれて
せつなさにいしれて
かげかたちもないぼく
素敵すてきものしいけど
あんまりってないから
きなうたうた
キラキラとかがや大地だいち
きみいたい
この世界せかい
なジャムをって
べようとするやつがいても
あやまちをおかおとこ
涙化粧なみだげしょうおんな
たとえ世界せかいわろうとも
二人ふたりあいわらずに
Good Night かぞえきれぬ
Good Night つみえて
Good Night ぼくらはつよ
Good Night うつくしく
あのえら発明家はつめいか
凶悪きょうあく犯罪者はんざいしゃ
みんな昔子供むかしこどもだってね
外国がいこく飛行機ひこうきちました
ニュースキャスターは
うれしそうに
乗客じょうきゃく日本人にほんじん
いませんでした」
「いませんでした」
「いませんでした」
ぼくなにおもえば
いいんだろう
ぼくなんえば
いいんだろう
こんなよるいたくて
いたくて いたくて
きみいたくて
きみいたくて
また明日あしたをまってる

JAM/THE YELLOW MONKEYへのレビュー

男性

ゆうじ

2021/01/12 20:07

真っ直ぐで素直な声と見た目から分かるような抜き出たルックスの良さとカリスマ性。孤高の天才でありながら反社会的なメッセージを緩やかに登りつめていくメロディに感情を上手く乗せて高らかに歌い上げてる。
「外国で飛行機が落ちました ニュースキャスターは嬉しそうに『乗客に日本人はいませんでした いませんでした いませんでした』」このJAMの歌詞は絶対に一生忘れない

男性

m.m

2021/01/14 10:15

あの偉い発明家も凶悪な犯罪者もみんな昔子どもだってね
ってとこ22年経つのにここの歌詞は鮮明に覚えてるなぁ
子ども持つ様になって余計刺さった。
JAMは歌詞が深いんだよなぁ・・。まさに今の世界を予想していたのかのような歌

男性

黄猿

2021/01/18 18:09

ほんとにイエモンの「JAM」の歌詞通り、人は自分や身内以外がどうなろうとなんとも思わない人の方が多い。
思いやりや支え合う時代はもうない。
でも、意識で絶対に変わる。
いまこそ助け合いが必要やと思う。みんなに聴いてほしい曲。

みんなのレビューをもっとみる

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:JAM 歌手:THE YELLOW MONKEY