1. 歌詞検索UtaTen
  2. 遊助
  3. ばーちゃんの背中と僕の足歌詞
よみ:ばーちゃんのせなかとぼくのあし

「ばーちゃんの背中と僕の足」の歌詞

遊助
2018.5.30 リリース
作詞
遊助
作曲
NAOKI-T
  • 試聴
  • 動画
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ばーちゃんの背中せなか あたたかいあのかお
階段かいだんのぼる よいしょ よいしょ のこえでウトウトしながら
このかおをギュッと うずめ あずけていた

あなたはいつも かわいいと頭撫あたまな
まわりのみんなに ほこらしげにれていた
ぼくわらえばわらった けばこまった てばさけんだ べばまった

あれま! えらいこっちゃ えらいこっちゃ よいよいよい
なんてこった わたしんだ
おっと なんだ 言葉ことばもちょっとずつ おぼえてよろこんだ

あれから 何年なんねん 1つ1つマネして
出来でき事増ことふえて おもえていった
ただ それは あいって はなさないでくれたおかげ

いつでも せっせっせーの せっせっせーの よいよいよい
って いそがしくきてきた
そろそろ 大人おとなになったから ぼくがおんぶする

かるくなったばーちゃんが耳元みみもとで「すまないね」ってきだした
あるつづけたら なみだ ぬぐって微笑ほほえんでた

ばーちゃんの両手りょうてはカサカサで心地ここちよい
昼寝ひるねしてると そっとたたいていたね
ぼくきりゃわらった あるきゃめた はしりゃあせった ればうたった

今年ことしなつには神社じんじゃ縁日えんにち こえてるお囃子はやし
なつかしいからこうよと その手握てにぎった

やわらかかったばーちゃんの左手ひだりて むかしよりせていた
こわれないようにそっとつつんだ 右手みぎて かさねてきた

ばーちゃんからおそわったこと 沢山たくさんあるけど
ばーちゃんがわすれたこと すこしずつえてきたね
「あなたはどちらさま?」とか

わすれたんなら 今度こんどぼく何度なんどでもつたえるよ
あなたへのおもおとにのせて そらまでとどけるよ

さずかったこのいのち意味いみ価値かち全部探ぜんぶさがすよ
あずかった 感謝かんしゃ わたしながら やさしくきれるよ

ばーちゃんの背中と僕の足/遊助へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:ばーちゃんの背中と僕の足 歌手:遊助