1. 歌詞検索UtaTen
  2. 杏沙子
  3. よっちゃんの運動会歌詞
よみ:よっちゃんのうんどうかい

「よっちゃんの運動会」の歌詞

よっちゃんの運動会 歌詞
杏沙子
2019.2.13 リリース
作詞
杏沙子
作曲
山本隆二
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
目覚めざめたときにはくもなか
あお世界せかいでぷかぷかぷか
次第しだいにあたりはくらくなり
おしりをたたかれ
りた りた

リズムとひかりかされて
ダンスをしながら急降下きゅうこうか
どうやら仲間なかまもいるようで
おんなじはやさで急降下きゅうこうか

到着とうちゃくしたるはもりなか
あらゆる隙間すきまをすりけて
ちいさなながれにくわわって
さかな出会であっておにごっこ

ブラックホールにまれ
迷宮めいきゅう迷路めいろまよ
突然とつぜんゴールをして
泡立あわだつプールでまわ
ピンクのパンツにられ
迷宮めいきゅう迷路めいろ逆戻ぎゃくもど

みぎひだりうえした
くらなトンネルをすべ
おおきなながれにくわわって
まちからみなとのあるほう

づいたときにはうみなか
あお世界せかいでゆらゆらゆら
次第しだいにからだはかるくなり
目覚めざめてみたら
くもなか くもなか

よっちゃんの運動会/杏沙子へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:よっちゃんの運動会 歌手:杏沙子