1. 歌詞検索UtaTen
  2. 結花乃
  3. ひだまりの詩歌詞
よみ:ひだまりのうた

「ひだまりの詩」の歌詞

結花乃
2018.5.2 リリース
作詞
水野幸代
作曲
日向敏文
  • 試聴
  • 動画
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
えなくなって どれくらいたつのでしょう
した手紙てがみ今朝けさポストにもどった
窓辺まどべれる ました若葉わかばのよに
ながふゆいまごろづくなんて

どんなに言葉ことばにしてもりないくらい
あなたあいしてくれた すべてつつんでくれた
まるで ひだまりでした

はなえる 二人ふたり最後さいごのフォトグラフ
おくるからね」と約束やくそくはたせないけれど
もしもいまなら やさしさもひたむきさも
両手りょうてにたばねて とどけられたのに

それぞれ別々べつべつひと きになっても
あなたのこしてくれた すべてわすれないで
だれかをあいせるよに

ひろそらした 二度にどえなくてもきてゆくの

こんなわたしのことこころから
あなたあいしてくれた すべてつつんでくれた
まるで ひだまりでした

あなたあいしてくれた すべてつつんでくれた
それは ひだまりでした

ひだまりの詩/結花乃へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:ひだまりの詩 歌手:結花乃