1. 歌詞検索UtaTen
  2. ヨルシカ
  3. 冬眠歌詞
よみ:とうみん

「冬眠」の歌詞

ヨルシカ
2018.5.9 リリース
作詞
n-buna
作曲
n-buna
  • 試聴
  • 動画
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
あめがる校庭こうてい昨日きのう花火はなびおもした
あのとききみのぼうとしたかおかぜにまだなつにおいがする

あきになって ふゆになって
ながねむりについたあとに
くもって かぜって
とおくにこうよ ここじゃむくわれないよ

はなれる校庭こうてい昨日きのう夕陽ゆうひおもした
あのときけてりんとしたきみ ほおにまだなつのこっている

はるになって なつって
ふかねむりがめたころ
みずになって はなになって
そらようよ 言葉ことばとかいらないよ

神様かみさまなんていないから
ゆめかなうなんてうそだから
仕事しごと学校がっこう全部ぜんぶめにしよう

わすれることが自然しぜんなら
おもなんて言葉ことばつくるなよ
わすれないようくちふたして

きみって なつって
いつかわりがえるころに
くもって かぜって
ねむるみたいに ただ

あきになって ふゆになって
ながねむりについたあとに
くもって かぜって
とおくにこうよ

ここじゃむくわれないよ

きみとだけきたいよ

冬眠/ヨルシカへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:冬眠 歌手:ヨルシカ