1. 歌詞検索UtaTen
  2. 焚吐
  3. 時速40000kmの孤独歌詞
よみ:じそく40000kmのこどく

「時速40000kmの孤独」の歌詞

焚吐
2018.5.23 リリース
作詞
焚吐
作曲
焚吐
  • 試聴
  • 動画
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
とびきりふる記憶きおくあめなか紫陽花あじさい
あんまりきれいだからさ おもわずみがあふれた
純真じゅんしん唯一ゆいいつだった かげしたのはいつだ
さびしさにうずくまったよるばかりおぼえている

ひとりがふたりでつまりひとり たとえ100あれどおなじことだ
ながらく居場所いばしょつくれないまま
「あいつは異常いじょう」とゆびされたことがぼく異常いじょうにして
14さいふゆ全部ぜんぶてきまわ

まるでちいさな隕石いんせきみたいだとおもった
とされたらちるだけだ そこに期待きたいなにもないや
時速じそく40000kmほどの孤独こどく
だれにもられずにいていた そんなよくあるはなしいてくれ

突然とつぜん出来事できごとだった 手紙てがみもなしにバイバイ
からっぽになった部屋へや毎日まいにちうたつづけた
あのひといまこころなか それはるがぬ真実しんじつ
だけど時々ときどきねがうんだ 「かたちあるものをください」と

拍手はくしゅかずだけえらくなれる? どこまでいったらひとりじゃない?
18さいあきつかまえたゆめ
ぼくのためにあったこえうたも あなたへの処方箋しょほうせんわり
きずいたみをいやしてくれたという

こんなぼくにもかがや瞬間しゅんかんがあった
大気圏たいきけんえて千々ちぢになったって 絶望ぜつぼう一層いっそうつよひかって…
時速じそく40000kmほどの孤独こどく
あなたの一言ひとことむくわれた そんなよくあるはなしいてくれ

あめがって 季節きせつめぐって
いずれ本心ほんしんうつわることに気付きづ
ああ これを孤独こどくぶには
いささか心地好ここちよすぎるような

まるでちいさな隕石いんせきみたいだとおもった
とされたらちるだけだ そこに期待きたいもなかったのに
時速じそく40000kmほどの孤独こどく
あらたな感情かんじょうした
そんなどこにでもある ひどくありふれている
ぼくらがこした奇跡きせきいてくれ

時速40000kmの孤独/焚吐へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:時速40000kmの孤独 歌手:焚吐