1. 歌詞検索UtaTen
  2. alcott
  3. さくらの麓歌詞

「さくらの麓」の歌詞 alcott

2017/5/3 リリース
作詞
貴田宰司
作曲
貴田宰司
文字サイズ
よみがな
hidden
あたしあたしあなたをきになってしまったの
こんなはずじゃなかったのだってあなたはわたしていない
だけどこんなにもこんなにもあなたがきだ

たったいまわかったきっとむすばれることはないとって
このさきみちはないとってもあきらめることはないよだって
きらいだってわめいたまちくらそらながめていたいまじゃもう
苦痛くつうもそうきっとそうだまたたいている

どんどんきになっていく
自分じぶんいやになるほどにまっすぐに
どんどんきになっていく
次第次第しだいしだいにぶくなるいたみも
どんどんきになっていく
こんなあたしの裸足はだし明日あしたでも
かがやいてえてたんだよ
あなたにえたことでわれたから

しずくのようにちてえてくあなたをわすれるということ

あなたがわたしこえ気付きづくようなわたしになれば
あなたのひとみにもいつかうつれるかな
一枚いちまいしあわせはわたしこえつづくようにあなたをんだんだ
あのかぜつよかったこと いいわけにしていいでしょう

もうどうしようもないの
そこにどくがあったならかった
えられないいたみのなかとしてくれたってかったのに
ないものねだってかまってだってあなたはってはくれないから

あなたがわたしこえ気付きづくようなわたしになれば
あなたのひとみにもいつかうつれるかな
一枚いちまいしあわせはわたしこえつづくようにあなたをんだんだ
あのかぜつよかったこと いいわけにしていいでしょう

あたしあたしあなたをきになってしまったの
こんなはずじゃなかったのだってあなたはわたしていない
だけどこんなにもこんなにもあなたがきだ

あなたがわたしこいちるようなそら見上みあげて
あなたのとなりでもいつかわらえるかな
一枚いちまいしあわせはわたしこい微笑ほほえんであなたをんだんだ
あのかぜつよかったこと いいわけにしていいでしょう

いつかはあなたのようにつよくなりたいとおもった
あなたのこれからをずっとていたい いつまででも
しあわせがわたしこいひとつだけおしえてくれた
あなたがきということ それだけは、 いいわけにしていいんだよ