1. 歌詞検索UtaTen
  2. alcott
  3. 告白記歌詞

2018.11.14 リリース

「告白記」の歌詞 alcott

作詞
貴田宰司
作曲
貴田宰司
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
よみがな
き1まいきらい2まいき3まい4まい
あなたをおもうと何故なぜだろう
むねくるしくて
千切ちぎって千切ちぎって千切ちぎったはなびらはあたしみたい
あなたにまったままあふれたの

がた6 まだ東雲しののめらいでる
ねむれなかった いまだにまだかおあつ

美談びだんだというにはもう杜撰ずさんなもので
一話いちわでもうオチがえてしまってるやつで
あなたにきとうだけが出来できなくてこまっていたのに

もういやになった
一人ひとりあるいていたみち
もういやになった
一人ひとりながめていたほし
もういやになった「あなたがいればなぁ」なんてよる
わかれをしてきた
大丈夫だいじょうぶ

ずっとまえにねあなたと出会であった
そらもないのに稲妻いなずまちて
もう絶対ぜったい絶対ぜったい運命うんめいだとおもって
はじめてあなたにこえをかけた
すここまったかおかみさわって
その仕草しぐさがどうどうどうとむねのこって
えなかった言葉ことばいまつたえるよ
あなたが

あなたのこたえをかないまま
はしってはしってしたの
こわくなってもう二度にどえないそんながして

こえがした とおくのくらがりから
いきらしてだれかがいかけてきた
うそみたいに「あなたがいればなぁ」なんてかえるからまぼろしなかみたい
大丈夫だいじょうぶ

ずっとまえにさきみ出会であった
どうしようもないくらいこいちた
もうずっとずっときみていたから
かねたきみはなしかけてくれたね
うまくわらえなくてきらわれたって
いまはどうでもいいいてほしいこたえがあって
えなかった言葉ことばいまつたえるよ
きみよりもさきえなかったけれど
これからはきみさきはしるから
そばにいてほしい
きみ大好だいす

alcottの特集