1. 歌詞検索UtaTen
  2. amazarashi
  3. スピードと摩擦歌詞

「スピードと摩擦」の歌詞 乱歩奇譚 Game of Laplace OP amazarashi

2015/8/19 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
れかけた街灯がいとうらされて 明滅繰めいめつくかえ人々ひとびとかげ
ゴムのにおいと空気くうき湿しめ 静寂せいじゃくぶには、はなはだ多弁たべん
したがって さだまらぬ視点してん ほしすべって 東北とうほく流転るてん
むらがって どうせ無駄むだだって ゆめちて あとはなんもねえ

さきのない乗車券じょうしゃけん
此岸しがんわりの夕景ゆうけい
地球ちきゅううら荒野こうやはやれてってくれ

なつにわいぬほね 死屍累々ししるいるい日付ひづけ
それをんづけて明日あす気管支炎きかんしえん音符おんぷ
くまではうた放射状ほうしゃじょう
きた山背やませ そこにいたはなでさえ
冒涜ぼうとくゆるされて

ぼく舌打したうちをしたこのまち
いや、舌打したうちしたのはまちほう
砂場すなば子供こどもらの神話体系しんわたいけい
その一粒ひとつぶごとかみ宿やどって
からまって れぬ社会性しゃかいせい
みだりにえて つば
ふさがって 来世疑らいせうたがって
無様ぶざまえて あとはなにもねえ

けものひと分岐点ぶんきてん いのちにたかる銀佇ぎんばえ
精子せいし霊地れいち巡礼じゅんれい
ぬにははや降雪こうせつ

国道沿こくどうぞいのラブホテル トワイライト純潔じゅんけつ
言葉足ことばたらずの夜明よあ吃音的きつおんてき
それをんではせる 結露けつろしたたるカーテン
いのち今焼いまやちて 車道しゃどうふゆ銀河系ぎんがけい

トラックの荷台にだいまたがって 歳月さいげつとおぎた
交差点こうさてん横転おうてんして ながしていた
窓越まどごしにそれをていたら いのちがじりじりとげるおといた
スピードと摩擦まさつ 火花ひばならして
スピードと摩擦まさつ 内蔵ないぞうがして

体内たいない発車はっしゃ汽笛きてき 血液けつえき逃避とうひ路線ろせん
旅立たびだってはちかづいて はなれてくのはどうして ?
苛立いらだちは尚叫なおさけんで ひびれた今日きょう風景ふうけい
地表ちひょうにうがつささくれ 二月にがつ無垢むく難破船なんぱせん

スピードと摩擦まさつ 内蔵ないぞうがして